2007 年 4 月 30 日

「トムヤムクンセット」

Filed under: 無印良品 — almondlab. @ 10:36 AM
トムヤムクンセット

無印良品の手作りでつくる「トムヤムクンセット」です。399円。
調味料、具材などがそれぞれパックされていて、手軽に作れるセットです。
トムヤムクン独特の香りを出すために乾燥した香草を煮立てて、その後3種類のペースト状の調味料を加えていきます。えび、しめじなどの具材は好みで入れていきます。
セットになっていてつくる手間は掛かりませんが、けっこう本格的なトムヤムクンスープができます。
味覚はというと、、、辛すぎてよく分かりませんでした。でも、確かにコクはあります。
他にもシリーズがあるので、いろいろ試してみたいです。

2007 年 4 月 28 日

「ローズプーアール」

Filed under: 無印良品 — almondlab. @ 11:05 AM
ローズプーアル茶

無印良品の中国茶ティーパックです。10袋入りで263円。
癖のない、すっきりしたプーアール茶にバラの風味がブレンドされていて、やわらかい感じがします。
普段はコーヒーばかりですが、たまにお茶をいれるのもリフレッシュできて良いです。

2007 年 4 月 27 日

「Quicksilver」

Filed under: Mac — almondlab. @ 8:49 PM
Quicksilver

Mac用のフリーのランチャーソフトです。
独特のインターフェースからアプリケーションなどを起動するのが主な使い方ですが、組み込まれているプラグインで様々な操作を行うことができます。
またランチャーの追加モジュールとして、複数のクリップボードを持たせることができる「Clipboard History」という便利な機能があります。本体のランチャーとは別にさりげなく付いている機能ですが、これが良くできています。
小さなフローティングパネルにクリップボードの履歴が表示されて、そのパネルを画面の端っこに置いておくと、マウスポインターが離れた際に画面からすーっと消え、近づけると現れるといったスマートな動きをします。またパネルからドラッグアンドドロップもできるので、コピー&ペーストする必要もありません。
ランチャーの域を超えて、使うほどにいろんな活用のアイデアが膨らんでくるMacらしいソフトです。
quicksilver:evolve

2007 年 4 月 21 日

「水の繭」

Filed under: 書籍 — almondlab. @ 2:27 PM

大島真寿美著の小説です。
主人公のとうこは、幼い頃に母と双子の兄と離ればなれになり、父と二人きりで暮らしていたけど、その父も他界してしまう。
家族を失い、孤独な日々を粛々と送っているとうこの前に、従姉妹の瑠璃が突然現れて居候することに。
ポジティブな瑠璃に引っ張られるように、外に出る機会が増えたとうこは、不思議な喫茶店を営む夫婦との出会いを経て、長年別れて暮らしていた兄と再会を決意する。
登場人物がみんな、まっすぐな感情をもっていて、とても清々しいです。
とうこと兄の陸、そして瑠璃の3人が再会しとき、子供の頃一緒に遊んでいた回想シーンが、自分自身と照らし合わせて懐かしさを感じました。

2007 年 4 月 7 日

「yom yom」

Filed under: 書籍 — almondlab. @ 3:54 PM
yom yom

昨年12月に新潮社から創刊された小説、エッセイの雑誌「yom yom」です。
なんといっても、yonda?くんの表紙がインパクトあります。本屋さんで他の小説誌と並べてある中で、ひときわ目立ちます。それにイラストとタイトルのみなので、何の本かぱっと見わかりません。
内容はと言うと、読み切りの短編がたくさん入っていて、これまで馴染みのなかった作家さんの作品を読むことができるのはとても新鮮です。
次号は6月27日発売です。表紙が楽しみ!